CFDは決して損失を出さない取引」ばかりを続けることは不可能です。「勝率」に一喜一憂しすぎないということが大事です。CFDというのは、大きな儲けを出すことのできる可能性があります。そのために、損失は小さい間に決済をして、損失「額」を少額に抑えることが大事です。そして利益が出るときには「利益」をできるだけ大きく取ることで、挽回ができます。とはいっても、「損失ばかりを続けてしまう」ということも問題です。損失ばかり出しているのに「そのうち大きく勝つ!!」という一発逆転の発想は捨てるべきです。CFDだけではなく、FXや株取引など、色々な投資活動の場面で「休みも相場」という言葉が使われます。「取引を続けることだけではなく、休みを取ることも、相場への取り組みの一部ですよ」という意味です。もしも、損失が続けて出たり、自分の予想通りに相場が動かなかったり、といった自分の判断力に自信が無くなってしまうことが続いた場合には、いったんCFDを休んでみることです。取引をしなければ、儲けも出ませんが、それ以上の損失も出ません。そういう「安らげる状態」を一旦作って、精神的な休養をとるということが、とても大事なのです。CFDに限らず投資というものは「感情的になる」ことが失敗につながるものです。休養をとって、落ち着いてから再び投資に取り組むことが大事です。